ヘアケア

薄毛は生まれつきの男ですが予防で育毛シリーズがいいみたい

薄毛は小さいころから、母が言うには生まれつきの男ですが予防で育毛シリーズを使っています。僕が自身の薄毛を実感したのは26歳くらいのころでした。父も祖父も見事なまでのツルッパゲなので自分もいつかはそうなるだろうと思ってはいましたが、まさか20代の半ばにしてその兆候が現れるとは予想外でした。

20代といえば人生で一番楽しみたい年代です。女性ともデートしたいですし、色々な事を満喫したい時期なのです。でも僕は生まれつきだからといっても諦めませんでした。

【送料無料】ポリピュアEXお得な3本セットを購入して使い続けています。

実感があったのがはじめてです。

 

色んな育毛シリーズをつかってきましたが髪の毛が抜けなくなったなと実感です。

ですが薄毛というデメリットを抱えてしまうと、以前の私からすると前向きに生きるという積極性が段々と薄れていくんですよね。

フサフサな人からすれば「たかだか髪の毛が少ないくらいでウジウジしやがって」と思うかもしれませんが、党の薄毛本人には生きるか死ぬかといっても過言ではないほどの大問題なのです。

もちろん薄毛で生まれつきの男ではありますがそのまま生きるのは辛いのは当然です。治せるものなら治したいと思うのは当然の事でしょう。御多分に漏れず僕も必死に薄毛改善方法を手当たり次第に試しました。

怪しげなチラシに載っていた配合成分もよくわからない育毛剤を買ったり、普段使っているシャンプーやリンスを値段の高い商品に変えてみたり、

毎日納豆と卵を過剰摂取なくらい食べたり、夜更かしはしないように気を付けたりと、ヘアケアに関する知識も無いままに行き当たりばったりで試行錯誤を繰り返していたのです。

もちろんそんなヤケクソ半分のヘアケアが功を奏するはずもなく、薄毛は何一つ改善しませんでした。ただお金と時間だけを空費した結果に終わったのです。

そうなると一気に何もかもが面倒臭くなり、「どれだけ頑張っても無駄だ」という諦めの境地に達してしまいました。ポリピュアEXを早く知っておけばまだそうならずにいたかもしれないです。

そのころから他人との交流も次第に減り、笑顔も減って、プライベートでは一人で部屋にこもる生活を続けるようになったのです。

床屋に行く頻度も減り、髪の毛はボサボサでしたね。薄い部分は薄いままなので、髪の毛の量の多い部分と薄い部分の差がより目立つヘアスタイルになっていました。こんな頭を床屋の店員に見られるのは恥ずかしいので、いつしかセルフカットで誤魔化すようになりました。もちろん素人のヘアカットなど上手くいくはずがないので頭はより酷い状態になるだけです。

外出の時は常に帽子をかぶり、屋内であっても人前では絶対に取りません。マナー違反だろうが何だろうが、見苦しい薄毛を晒すよりはマシだと自分に言い聞かせていました。

だんだん人付き合いも面倒になり、いまはパソコンでの在宅ワークが主な収入源です。お金はあまり稼げませんが、薄毛を人に見られるストレスからは解放されています。

今現在、生まれつきの薄毛の男ですが薄毛はポリピュアEXで保っている気がします。病院で出されるプロペシアを毎日服用してはいますが、これといった変化は無いようです。とは言え、薄毛の進行もさほど広がっていないのが救いでしょうか。
この先の人生への不安は常に付きまとっています。薄毛で境遇が変わった人は僕意外にも沢山いると思います。

 

  • この記事を書いた人

iikurasi

-ヘアケア
-,

© 2020 らくさん Powered by AFFINGER5