引っ越しはいつ が 安い?ネットで無料見積り予約

引っ越しはいつが安いのか? なるべくならあまりお金をかけずに引越しをしたい!!そう思いませんか~^^


実は引越しの日取りで平日か土日、または祝祭日・または午後便とか配送のプランによって料金が安いか高いかがきまってきます。

また、転勤や学生の卒業などと重なる2~3月は引っ越しシーズンともあり閑散期の2倍3倍と料金が跳ね上がります。

見積もりをネットで簡単に予約もできますし、いちいち引越し業者へ電話をしてどこが安いか比較するのも時間もないし面倒ですよね。

少しでも費用を節約し安い引越しをお考えでしたら、必ず複数の引っ越し業者さんへ見積り依頼をしていただくことがおすすめです!

土日・平日の差額だけでも2割も引っ越し料金が安くなるのでその手を使わずにはいられません。

一番安い業者を見つけるにはまずは無料引っ越し見積もりを依頼して比較してみるのが早いです!

引越し価格ガイドでサカイやアートなどのCMの業者さんの料金や相場が比較できるのです。

引越しは見積り次第で最大50%も割引ができるのでご自分に合った業者さん選びが重要です。

特に3月2月の繁忙期や年末になると引越し業者によって大きく料金の差が出ることが多いです。是非していただきたいことが一括見積りをとって料金の相場を知り比較して一番安い引越し業者を決めることです!

引越しで無駄なお金を省きたいと思っている方へおすすめ!

↓  ↓  ↓

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

引越し料金を安くした私の具体的な方法

繁忙期と土日を避ける

3月中旬から繁忙期に入り、引越し料金が2倍になるということでした。また、土日は繁忙期以外でも1.5~2倍になるということで、繁忙期に入る直前の平日にしました。上の子二人が幼稚園に通っており、まだ卒園式・終了式まで1週間ありましたが、最後の1週間は往復2時間の距離を車で送迎しました。

自分たちで運べる荷物は事前に運んでおく

秋に新居が完成していたので、引越しまで時間がありました。引越し先も当時住んでいたアパートから車で1時間位の距離だったので、新居が完成してからは家族みんなが休みの日曜日は新居に遊びに行くことが多かったので、その時に季節外の洋服や靴、季節外の家電など、少しずつ運べる荷物は運んでいました。

見積もり時にはなるべく家の中をすっきりさせておく

事前に荷物を新居に運んでいたので、引越し1ヶ月前の見積もり時にはすでに家の中は余計なものがなく、スッキリしている状態でした。見積もりにいらした営業の方も、荷物の少なさに驚いていました。引越し時には運ばないもの(処分する家具など)は見積もりの時に営業さんに伝えることで、無駄に加算されることはありません。

引越し後まで大型家具は買わない

ダイニングテーブルセットやソファーがあると引越し料金が高くなることが分かっていたので、ダイニングテーブルセットとソファーはアパート時代には買わずに、ローテーブルと座布団の生活をしていました。また、同様にタンスやチェストも引越し料金に加算されるので、最小限しか持っていませんでした。反対に、カラーボックスは大型家具に数えられないので、カラーボックスを多用していました。

荷造りは自分たちでする、これは基本ですね。

以上が我が家の引越し料金を安くした具体的な方法でした。引越しまでに時間に余裕がある方は、ぜひ計画的に事前準備をしておくことをおすすめします。

引越し無料一括見積を依頼することで\引っ越し価格の最安値/が分かります!

あなたのプランに合った内容でどこよりも安くなおかつ、安心と信頼のある厳選された引越し業者さんをランキングでご紹介しております。

260社以上の厳選された大手・専門優良引越し業者の中から、最大10社へ一括見積り依頼ができ、一番安い引越し業者はどこなのか?ということが比較できます。もちろん無料ですヨ!

引越し料金の安い業者を選ぶ方法は様々ですが、まず言えることは自分の引っ越しの条件をしっかり把握することです。引っ越しと一言で言っても人によって条件は様々です。たとえば一人暮らしの方の引っ越しと家族数人での引越しでは事情が変わってきます。

一人暮らし(単身)と家族の引越しでは条件が違うのでしっかり条件を把握しよう

まず一人暮らしの場合は荷物が少ないことがほとんどです。この場合各社で用意されている単身用のパックを利用したり、時間に余裕があるのならできる限りの作業を利用者が行う代わりに値段設定が安くなっている格安パックを使うと安く済みます。これを念頭において比較していくと良いでしょう。家族数人の場合、どうしても荷物は多くなります。荷物の全体量だけでなく、大型家電などひとつの物自体が大きい場合もよくあります。

この場合は初めにきちんと荷物の量を把握することが大切です。荷物によって使用するトラックやその台数が変わってきます。大きなトラックを使ったり台数が多くなればその分値段も高くなります。そのため初めに荷物の量を把握した上で複数の業者に見積もりを依頼し、その料金を比較していくことが引越し業者ランキングでも人気の安い業者を選ぶためには欠かせないのです。

引越し業者のランキングを見るポイントとして料金だけでなく、作業員の対応やサービス・作業スピード等も重要なポイントですのでぜひ参考にしてみてください。
ネットで引越し無料一括見積を依頼することにより引っ越し価格の最安値が分かります!

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

一番よりお安く引越しをしたい方は、土日や祝日よりも平日がおすすめです。また特に、3~4月は繁忙期と呼ばれ、進学や転勤など人々が移動する時期なので一番引越しが混み合う季節です。もしずらせる場合はずらしたほうが、料金もぐっと安くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする