一人暮らしの引越しで荷物少量は普通の宅配便が安い!

引越し費用を安くするために私が取った方法は、引越し業者に依頼するのではなく、普通の宅配便を使うという方法でした。

私の場合は、一人暮らしの引越しで、しかも荷物があまり多くないという状況だったので、引越し業者に頼むよりも安く出来るのではないかと思ったのです。

普通は一人暮らしの引越しというと、「単身パック」などと呼ばれるものを利用するのが一般的だと思いますが、私の場合は、宅配便で普通の荷物として運んでもらったというわけです。

私が利用したのはクロネコヤマトだったのですが、段ボール7個の荷物で1万2000円程度の料金で済みました。

段ボール箱の荷物の場合は、サイズや輸送距離などによって料金が違い、比較的近い距離(350kmまで)の場合は1個あたり1500~2000円程度になります。



私の場合は、県内の引越しで、荷物も段ボール箱7個ぐらいだったので1万2000円程度で収まったというわけです。

では、一人暮らしの引越しでよく利用される「単身パック」などと呼ばれるサービスの料金はどれぐらいなのかというと、業者や種類によって多少変わるようですが、平均的に見ると1万5000円程度になるようです。

なので、私の場合は、単身パックを利用したケースと比べると3000円程度得をしたことになると言えるでしょう。ただしある程度荷物が多い場合は、逆に、単身パックの方がお得で、普通の宅配便の方が高くなってしまうため、あくまでもこの方法は荷物が少ない人だけにお勧めします。

節約のため引っ越し業者を頼まず(二人暮らし分の荷物)引っ越しした結果

引っ越しを決めた場合は引っ越し業者さんにお願いするのが一般的な流れかと思いますが、私の場合は違いました。結論から言うと業者を雇わず自力で引っ越しをしました!

なぜそうなったかと言うと貯金もなく引っ越しが急に決まり、そこから家を出なくてはいけない期間が1週間半だったからです。

業者を調べたりもしましたが相場が¥45000〜50000と痛い出費で、業者にそのお金を当てるなら新生活での物を新しく揃えたい+絶対に何かと他にもお金はかかるのでそちらに回したい!と主人と意見が合致したので自力で引っ越しをしてみました。

家族揃って引っ越しとなると難しいお話ではありますが二人暮らし分の荷物だった為出来たのだと思います。(頑張ればファミリーでもいけるかも?!)

引っ越しが決まった時点から急ピッチで荷造り開始。



荷造り用の段ボールなども近くのホームセンターなどに置いてある無料もちだしOKの物を20枚ほど貰い主人の職場からも大きめの段ボール箱を貰ってくるなどしてただ黙々と進め、細かなものの荷造りは3日ほどで終わりました。

主人は仕事のため荷造りは私で大きな荷物運びは主人と言う役割分担をきっちりしたことでスムーズに進みました。

新居への荷物運びですが、二人で自力と言ってもソファーや食器棚などはド素人には到底無理なことので、男性の友人や家族に手伝って貰い運びました。

これを機にソファー新しい冷蔵庫をヤマダ電機さんで購入したのですが新居への送料¥0で運んでもらえました♪大手メーカーさんでは電化製品や家具等は近い地域ですと割と送料無料サービス+設置まで対応してくださるのでお勧めです!

二人暮らしの方や荷物の少ない方で周囲に手伝ってくれる男性がいるのでしたら引っ越し業者さんは頼まなくても引っ越し出来ちゃいます!このおかげで引っ越し費用¥50000(ネットで調べた相場)カット出来ました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする