引越し

引っ越し費用を1万円でも安くする引っ越し業者の利用方法とは?

引っ越しは、どのように引っ越し業者を利用するかで、費用が変わってきます。私は、引っ越し業者への利用方法を工夫して、引っ越し費用を約1万円安くすることができました。

私が行った引っ越し費用を安くするための業者の利用方法とは、複数の引っ越し業者に、見積もりしてもらう方法です。

複数の引っ越し業者に見積もりをしてもらい、見積りしたもらった金額をもとに、業者に値引きをかけるのです。



具体的な引っ越し費用の値引き方法を紹介します。まず、引っ越しをする時に、3~4社程度の引っ越し業者を選び、そのうちの1社に、見積もりをしにきてもらいます。

現在、自分が住んでいる住まいに来てもらい、引っ越し時に運搬が必要な荷物を見てもらうのです。引っ越し業者の方は、引っ越しの荷物をみると、およそ何万、何十万円かかるか、費用の見積もりを出してくれます。

見積もりを出してもらった後は、その場で契約をせず、契約を保留にしておきます。

次に、2社目の引っ越し業者に、荷物の見積もりを出してもらいます。1社目と同じように、引っ越し業者は、引っ越しの見積もりを出してくれます。

この時、出された見積もりを聞いた後に、「1社目は、○○万円でした。」と伝えてみましょう。

そうすると、2社目の引っ越し業者の方は、引っ越しの見積もりを見直してくれて、引っ越し費用を値下げしてくれます。

同じことを3社、4社とくり返していきます。そうすると、引っ越し費用が徐々に値下げされていき、1万円程度、引っ越し費用を安くすることができます。

私は、サカイ引越しセンターで、引っ越しをしました。

1社目に、アート引越しセンター、3社目に、アリさんマークの引越し社、4社目に、ファミリー引越センターに見積もりをしてもらった後、サカイ引越センターに全社の見積額を提示し、見積もりをさげてもらってから、契約をしました。

引っ越し費用を安くする時には、見積もり金額を使って、引っ越し業者に価格交渉をしてみると良いです。



引っ越しの費用を安くするのなら梱包が重要!

引っ越しってとにかくお金がかかるものですよね。出来れば少しでもその費用を安く抑える事が出来たら嬉しいものです。私は今まで引っ越しを5回ほどした事があります。

その中で私が培って来た引っ越し費用を安くするためのコツについてお話します。

私がいつも引っ越しの際に利用する業者はアート引越センターです。こちらの会社では梱包まで全て行ってくれるサービスがありますが、もちろんそちらは費用が高くなるので使いません。

梱包は全て自分で行うコースを選んで引っ越しをします。

このコースで引っ越しをする場合、とてもポイントとなる事が梱包はきちんと行う事です。梱包をきちんと行うという事は具体的には細かい荷物はダンボールの中に基本全てを入れるという事です。

よく、荷物をダンボールに入れずにそのまま引っ越し業者さんに運んでもらおうとする人がいますが、それは実に効率が悪い引っ越しの仕方なのです。

ダンボールに入っていない荷物はトラックに効率良く積み込む事が出来ません。

例えば本をダンボールに入れず、紐でくくりつけた状態だけでトラックに積もうとすると、その形はバラバラですから、荷台には本を均一に積み込む事は出来ません。

結果、トラックの荷台は隙間だらけで運ばざるを得なくなり、最悪の場合は本当は1台のトラックで運べる物量にも関わらず2台にまたがってしまったという事になるのです。

もちろん、その場合はトラックの追加費用を払わなければならないので費用は高くなってしまいます。


効率良く、つまり費用をかけずに引っ越しを行うコツは、トラックにはまるでブロックを形良く荷台に積み込むように形がそろったダンボールに細かい荷物を入れて梱包する事なのです。

するとトラックには隙間なく荷物が積めるので、無駄なくトラックでの輸送が出来ます。

細かい荷物をきちんとダンボールに詰めておけば、旧居、新居それぞれからトラックへの搬送も実にスムーズに行えます。すると引っ越し業者さんの人員も最小限で済みますので人件費も安く抑えられます。

引っ越しの費用を安く抑えるためにはきちんと梱包をするという事前の準備がとても重要という事です。これから引っ越しを検討されている方は是非、参考にしてみて下さいね。

見積り予約する前に計画的な事前準備で引越し料金を安くしよう!

【引越し業者】
アート引越しセンター

【引越し内容】
5人家族(大人2名、子供3名)、同一県内(引越し距離約20㎞)、2LDKアパートから2階建て一軒家への引越し

【引越し料金】
7万円(相場の半額以下になりました)

【引越し時の家庭状況】
長女の小学校入学に合わせて家を建て、その新居への引越しでした。新居は秋に完成していました。

【引越し料金を安くした具体的な方法】
① 繁忙期と土日を避ける
3月中旬から繁忙期に入り、引越し料金が2倍になるということでした。また、土日は繁忙期以外でも1.5~2倍になるということで、繁忙期に入る直前の平日にしました。上の子二人が幼稚園に通っており、まだ卒園式・終了式まで1週間ありましたが、最後の1週間は往復2時間の距離を車で送迎しました。

② 自分たちで運べる荷物は事前に運んでおく
秋に新居が完成していたので、引越しまで時間がありました。引越し先も当時住んでいたアパートから車で1時間位の距離だったので、新居が完成してからは家族みんなが休みの日曜日は新居に遊びに行くことが多かったので、その時に季節外の洋服や靴、季節外の家電など、少しずつ運べる荷物は運んでいました。



③ 見積もり時にはなるべく家の中をすっきりさせておく
②のようにして、事前に荷物を新居に運んでいたので、引越し1ヶ月前の見積もり時にはすでに家の中は余計なものがなく、スッキリしている状態でした。見積もりにいらした営業の方も、荷物の少なさに驚いていました。引越し時には運ばないもの(処分する家具など)は見積もりの時に営業さんに伝えることで、無駄に加算されることはありません。

④ 引越し後まで大型家具は買わない
ダイニングテーブルセットやソファーがあると引越し料金が高くなることが分かっていたので、ダイニングテーブルセットとソファーはアパート時代には買わずに、ローテーブルと座布団の生活をしていました。また、同様にタンスやチェストも引越し料金に加算されるので、最小限しか持っていませんでした。反対に、カラーボックスは大型家具に数えられないので、カラーボックスを多用していました。

⑤ 荷造りは自分たちでする、これは基本ですね。

以上が我が家の引越し料金を安くした具体的な方法でした。引越しまでに時間に余裕がある方は、ぜひ計画的に事前準備をしておくことをおすすめします。

-引越し
-,

© 2020 らくさん Powered by AFFINGER5