家電

赤ちゃんの鼻水が簡単にとれる人気の吸引器!メルシーポットおすすめ

電動鼻水吸引器どこに売ってる?赤ちゃんとお財布にやさしいメルシーポット《人気の記事》
私の息子は風邪をひくと、ありえないほど鼻水が垂れていました。耳鼻科で診てもらうと、普通の子より鼻腔が狭いらしく、同じ量の鼻水でもすぐに溢れ出してしまうらしいのです。

まだ小さく鼻を噛むことができなかったので、ティッシュや綿棒で鼻の中を拭いていましたが、奥まで取れず、あまり効果がありませんでした。

常に鼻水垂らしており、鼻の下がカピカピで汚くなっていたので、ウェットティッシュで拭いていましたが、拭きすぎて鼻の下が真っ赤になっていました。

拭くと痛がりますし、ひどい時は切れて血が出ることもありました。また鼻で呼吸ができないので、寝ていても苦しく、目が覚めてしまい、寝られない辛さからグズってとても苦労していました。

耳鼻科の先生からは、鼻吸い器を薦められました。

1000円前後くらいで、赤ちゃん用品店で購入し、早速使ってみましたが、確かにティッシュや綿棒より良く取れました。

しかし、吸うのがきつい割りには奥のほうまで吸えず、吸いながら嫌がる息子を押さえ、鼻にノズルを入れるのはなかなか大変でした。

何より良くなかったのは、私たちが感染することでした。私も妻も風邪をひいても、のどが痛くなることはなかったのですが、鼻吸い器を使い始めると、喉から風邪をひくようになりました。(ネットで調べると、やはり鼻吸い器が原因でした。)

仕方ないので電池式の電動タイプの鼻吸い器を購入しました。確か5000円くらいでした。使ってみると確かに、吸い込みで力を使うこともありませんし、菌も吸い込みません。

しかし、吸引力が物足りませんでした。肺活量のある人の方が吸えるんじゃないのかと思うくらいでした。
結局、嫌がる息子に払い飛ばされ、激しく床にぶつかり、壊れてしまいました。そんな時にメルシーポットに出会いました。

赤ちゃんの鼻水にはハンディータイプと電池式タイプどっちの鼻吸い器が人気おすすめ?

私の経験から、使ったことのある鼻吸い器と電池式のハンディータイプついて書いていきます。
・電池式鼻吸い器のメリット
通常の鼻吸い器ですが、長所は安価なところです。安価なのに、直接鼻水を吸うことなく、鼻水を吸い取れる仕組みになっています。また単純な構造なのでお手入れも簡単です。

また赤ちゃん用品店だけでなく、薬局などで簡単に買うことができます。

・電池式鼻吸い器のデメリット
短所は、手前は取れるのですが、奥のほうは取れません。そしてとてもきついです。
鼻にノズルを当てたまま力強く吸うのは難しいです。
吸う人が菌を吸い込んでしまうことです。おかげで、我が家は一家全滅したことがあります。

・ハンディータイプの鼻吸い器メリット
メリットは通常の鼻吸い器の問題点だった、吸い取る人が菌を吸わなくて良いところです。

哺乳瓶のような形をしていて、先端を直接鼻に差し込むタイプでしたから、手で鼻の下に当ててやるだけでした。吸わなくても良いので、吸う人の体力に関係なく吸い続けることができました。

短所は、吸引力不足だったところです。電池式の限界なのか、ジワジワとしか吸い込まず、吸い取るまで時間がかかりました。一瞬の瞬発力は通常の鼻吸い器の方があった気がします。

ジワジワ吸い込むため、息子も気持ち悪いらしく、一番嫌がっていました。
結果、手で払い床に激突して壊れてしまいました。一番コスパが低かったと思います。

またノズルが太く鼻の中まで入らず、鼻の穴の外側からしか吸えず、吸い取れませんでした。
以上の経験からどちらもうまく行かず、機械式の電動鼻水吸引器メルシーポットをネットで探しました。

電動鼻水吸引器メルシーポットを使ってみて他の商品とは比較にならないほど良かった

メルシーポットの長所は、他の商品とは比較にならない吸引力です。

友人が持っていたので使わせてもらったのですが、当時使っていたハンディータイプとは全く違いました。鼻の手前はもちろん、奥までどんどん吸い取っていきました。

いつも取れてる量より遥かにたくさんの鼻水が取れました。ハンディータイプはズルスルするらしく嫌がる息子も、一気に吸うのであまり嫌がりませんでした。

またノズルが交換でき、手前は太いノズルで一気に吸い取り、鼻の奥の鼻水は細いノズルで鼻の奥まで差込み、そこから吸引力のロスが最小限で吸い取ることができました。

友人のメルシーポットは型の古いタイプで、手元の吸引力アップ用のクリップがありませんでしたが、このクリップがまた凄く、一気にパワーを放出し、奥のほうからも吸い出します。

他の商品よりも優れているのですが、短所はあります。

まず音が大きいことです。振動もあります。ですから、夜間使う時は、神経を使いました。

ハンディータイプのマッサージ器がイメージ的に近いかもしれません。

また部品をバラバラにして洗えるのですが、ホース部分は水洗いしかできず、なかなかきれいに乾燥しません。また先端のノズルの色が透明しかなく、すぐに無くなります。

そして一番の短所は値段が高いことです。私は17000円くらいで購入しましたが、ハンディータイプの3倍、鼻吸い器の17倍です。私も初めて見た時は「高っ!」と思いました。

私は短所はあるものの、メルシーポットはそれでも買って損はないと思います。鼻吸い器に求められるのは、一番は吸引力だと思います。あとは瑣末な問題だと思います。

【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)NEWモデル 【送料無料】【当日出荷】

【おわりに】

メルシーポットを購入後は、様々なことが改善していきました。相変らず息子の鼻水は止まりませんが、小まめに吸い取ることができるようになったので、

以前のように、鼻をすすり上げることもなくなり、風邪も長引かなくなりました。

また鼻水や鼻づまりが原因で、寝ている時に苦しくなり、口呼吸をして喉や扁桃腺を腫らして熱を出したり、鼻水が耳に回り、中耳炎になったりしていたのですが、今では少なくなりました。

鼻の下がカピカピだったり、赤くなっていたりしたのですが、それも治りました。もちろん私たちも、息子の菌を貰って喉や扁桃腺を腫らすこともありません。

最初の頃は、大きな音でビビッていた息子ですが、今では何ともなく、吸い取った後が気持ち良いらしく、大人しく吸われています。

周りからは「鼻水が出てないねぇ」とか「鼻の下治ったねぇ」などと言われるようになりました。私たちを含めて、祖父母など家族全員が気にしていたので、その辺は安心できました。

メルシーポットについてはよく質問されます。試しに使った人はその吸引力と取れる鼻水の量に驚きます。

しかし、やはり値段で躊躇している人が多いようですが、「それだけの価値はあるよ」と伝えています。耳鼻科に連れて行ったりする手間や、保育園を休ませて、仕事休んだりすることを考えたら、そして何より子供が少しでも楽になれて、辛い思いをしなくて良くなるのなら買う価値は十分にあると思います。

私たちの友人も何人か購入しました。購入した人たちはみんな満足しています。お奨めの商品だと思います。

  • この記事を書いた人

iikurasi

-家電
-,

© 2020 らくさん Powered by AFFINGER5